海外セレブがはまったという雪遊びってどうよ??(その4:ミニスノーボード滑空篇)

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

この記事も今回が最後となります。
前回のスノーチューブに続いて、今回は海外セレブがはまったというミニスノーボードを試します!
チューブと違って、膨らませたりする手間が無いので、準備は楽チンです。

大きさは幼稚園児の身長よりちょい長めなくらいですね。

さあいよいよ滑ってみます!

スーーーーーッ
おお、いい感じ!
うまいうまい!

ドテーーン!
まあ、こうなりますわな。
チューブと違って、立って滑るので、ボードの方は難しいですね。
簡単に楽しむなら、座って滑るのでも十分に楽しめますよ!

さて、子供達はいつの世もチャレンジャー
彼らは立って滑れるようになりたいようです。
そこで、まずは短い距離で練習することに。

シャーーーー!
子供って凄いなあ~ すぐに最後まで滑れるようになりました。

平坦なところまで来て、最後はジャンプ!
オリンピックの体操選手のようにピッと立つと、採点が10点満点なのだそうです。
遊び道具を与えれば、いろんな形で応用していくところって、やっぱ子供は遊びの天才ですね~

ということで、今回は海外セレブがはまったというスノーチューブとミニスノーボードを試してみました。
とても楽しく過ごせましたので、セレブの方がはまるのも頷けますね。
スキーやスノボーは一人でガツガツと遊びますが、このスノーチューブやミニスノーボードは複数人で和気あいあいと遊ぶ感じなので、そういった点が受けているのかもしれませんね。
少なくとも、一人でスキー場へ行って、これで遊ぶ勇気はありませんですし。。。
できれば今シーズン、もう一回くらいは、友人家族もお誘いして、みんなで楽しみたいなと思いました。
その際は、電動ポンプを忘れずに持って行きたいと思います。(^^!)

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

イカイロノ2H

中年男性。サラリーマン。雑学研究家。
なんにでも興味を持ってしまう性格で、気になったことを「調べる」という趣味を持つ。また調べるにとどまらず「やってみる」ということも守備範囲にしている。趣味はスポーツ全般やアウトドア、読書や映画鑑賞などなど、ここでも雑多。マイ・ベスト・ムービーは「恋愛小説家」「THE IDEON」とのこと。

Sponsored

Sponsored